GAROADとは

GAROAD Order Suit我が道STYLEとは

GAROADとは”我が道”という意味から名付けました。
自分らしさ・こだわり・好みにお洒落を加える事で
着心地がよく、使い勝手の良い、世界で一着のあなただけのスーツをお仕立てします。
格好いいスーツを着てほしいのではなく、スーツを着たあなたが、より格好良くなれるスーツ!

それがGAROAD Order Suit 我が道STYLEです。

GAROADのスーツにかける想い男ならかっこいいスーツを着て仕事しよう!

小田原の地に生まれ育ちました。
自分で言うのも何ですが、地元愛が強い方かもしれません。
社会人になってからもずっと、この小田原の地で生活をしていますが
ビジネスの場において、サイズの合っていないスーツを着ている方が多いことに気づきました。

そして私自身もいわゆる「吊るしスーツ」を着る時
サイズが合わないことで何だか締まらない感を覚えることがあります。

第一印象が重要となるビジネスシーンにおいて、最も目につく範囲が広いのがスーツです。
名刺交換、打ち合わせ、会合などでの印象がその後の展開を左右する場面は数多くありますが
肩幅が合っているのに胴回りが大きめなジャケットや
体幅のシルエットがきれいに出ているのに、お尻が隠れるほどに長すぎるジャケットでは
着ている方の実際とは関係なく「だらしなく」見えてしまうものです。
こんな些細なことで、マイナスイメージを持たれてしまうのはもったいないですよね。

私の父は大柄で、量販店では取り扱いのないサイズだったため
子どもの頃からよくテーラーへ連れて行かれました。
私自身も大学入学の時の初めてのスーツをテーラーで仕立ててもらいました。
そのスーツは身体に吸い付く様に着心地がよく
袖を通した時、気が引き締まる様な感じがしました。

そんな経験を思い出したとき
私がこの小田原の街に貢献できることはこれなのではないかという思いが強くなり
オーダースーツを作る仕事をはじめました。
テーラーメイド・オーダーメイドというと堅苦しい、古臭いデザインになるかもしれないという印象を持たれている方もいることでしょう。
ですがGAROADではもっと気軽に身体にフィットしたスーツを着てほしいので
独自の“フィッティングオーダー方式”を採用しています。

自分を高めてくれるスーツを通じて、日々の働く楽しさや人と接する喜びをお届けしたい、そう考えています。

GAROAD オーナー 田中 泰州

ウエストの採寸の様子
フィット感の微調整
オプションのボタンを選ぶ姿
©  オーダースーツGAROAD All Rights Reserved.
PAGE TOP